実録!休日の売買が行われる世界![香港人はお金が大好き]

CAのお仕事✈︎
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!2015〜2020年6月まで、香港で客室乗務員として働いていたみさたる(Twitter:@misatal1)です🙆‍♀️

5年間香港で生活していてつくづく感じたのは

よくも悪くも

香港人はお金がとってもとってもとっても大好き!

ということです。

f:id:misatal:20200618102714p:plain

何を見てもすぐに

これって、売れるかなぁ?

と考えるのです。

特にこのことを感じたのは、初めて仕事の休日を売買しているのを知った時です。

すごくないですか?自分の休日を同僚に売る、なんて発想あります?新しすぎませんか?笑

今回は

客室乗務員のお仕事でフライトやお休みを交換することについて

どんな風に休みの売買が行われていたか?

ぶっちゃけいくらだったか? 

をお話してみたいと思います🙆‍♀️

客室乗務員って、お仕事やお休みを交換できるの?

これは会社によって異なりますが、外資はできることが多いです。

ただ、めちゃくちゃカジュアルに交換できるわけではなく、実際は条件が厳しめです。

↓例えばこんな条件があります↓

同じランクの人としか交換できない

・日本線を交換する場合、日本人は日本人としか交換できない

・フライトからフライトまで、最低13時間のレストがないといけない

・5日で1日休み、14日で2連休が1回入っていないといけない 

などなど。実際はもっとあります。

会社に

 

このフライトを飛びたい!

 

この日にお休みが欲しい!

とリクエストすることもできます。

ですが、会社は2000人以上のCAを管理しているので、1人1人の願いを叶えることはできません。

なので、会社のポータルサイトには交換掲示板なるページがあり、そこで公式にフライトやお休み交換の交渉が行われています。

お休みやフライトを交換することをSwapといいます。

f:id:misatal:20200618102826p:plain

ただ!

お金の絡む休日の売買は、そんな公式のページじゃ行われないのです…!

休みの売買はどこで・どんな風に行われているの?

日本では通話・メッセージアプリと言えばLINEですが

香港ではWhatsAppが主流です。

休日の売買は、WhatsAppのグループチャットでやり取りされているのです。

f:id:misatal:20200618102847p:plain

航空会社では、毎月決まった日・決まった時間に翌月のシフトが出るのですが、シフトが発表された日はそのグループチャットに◯百件もの通知がくるのです。

↓実際にくるメッセージはこんな感じです↓

・Need Day off

3/JUL

・Can swap out day off

10/JUL

OR  I can pay💰$$$

[意訳]

7月3日にお休みが欲しいです。

私の7月10日のお休みと交換してください、もしくはお金払います💰

こういう投稿の中から、自分が欲しい OR 売りたい休日を探します。

興味があればその子に個人的にメッセージを送る、という流れになっています🙆‍♀️

その後お互いの前後のシフトを確認して、お休みの規定など諸々クリアしていそうなら、正式に会社に申請するのです。

細かい規定を見落としていて、申請がdisapproved(不許可)になることもあります。

見事に成功したら、ATMやオンラインバンク・会社のメールボックスにお金を入れるなどして、お支払い完了です🙆‍♀️

実際、いくらでやり取りされているの?

さて、気になるのはお値段だと思います。

1日のお休みを買うと、一体いくらかかるでしょう???

正解は・・・

800〜1000HKD(約1万円〜1万4千円です💰

やばくない?

高くない?

香港人すごくないですか・・・?笑

ちなみに私が入社した頃(5年前)は、だいたい500HKD(約7千円)が相場でした。この数年で何があった・・こんなに値段を吊り上げたのは一体誰ですか??

ちなみにですが、もしあなたが

 

早く決めたいから、私は相場より安く募集しよう!

 

と思い、相場より低い値段で投稿するとします。

そうすると

価格破壊が起きるから迷惑だ!やめてくれ!

と周りから怒られるらしいですよ。

休日の売買にも、市場の原理が働いているのです。

ちなみに私は500HKDで、お休みを1日買った頃があります。笑

さいごに

香港人はおよそ100年ほどイギリスの植民地になっていましたよね。

その後中国に返還されてからも、政府や市民はとても不安定な状態に置かれています。

👧自分・自分の家族の身は自分で守る!

という意識が、日本より育ちやすいのだと思います。

十分なお金を稼ぐ=自分や家族を守る

ということに繋がるんだろうな、と感じました。

いや、でももしかしたら、そんなの関係なくただ単にお金が好きなだけかもしれません。笑

商魂たくましく、元気で明るい香港人を尊敬した「休日の売買」に関するお話でした🙆‍♀️

最後までお読みいただきありがとうございました♪

香港に関してはこんな記事もあります🙆‍♀️

香港に5年住んだ私が、愛した米麺3選[香港B級グルメ]
こんにちは!2015〜2020年の5年間、香港に住んでいたみさたる(Twitter:@misatal1)です🙆‍♀️ つい数日前に本帰国しました✌️ ...
香港人の使う、ちょっと不思議な英語[ヒントは中国語]
こんにちは!2015〜2020年6月まで、香港で客室乗務員として働いていたみさたる(Twitter:@misatal1)です🙆‍♀️ やめたてホヤホヤ 私の住んでいた香港は、10...
タイトルとURLをコピーしました