香港人の使う、ちょっと不思議な英語[ヒントは中国語]

LIFE IN 香港
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!2015〜2020年6月まで、香港で客室乗務員として働いていたみさたる(Twitter:@misatal1)です🙆‍♀️

やめたてホヤホヤ

私の住んでいた香港は、100年以上イギリスの植民地でした。

その影響もあり、香港人の英語能力はアジアの中では比較的高く、子どもたちは幼稚園から英語を習い始めます。

そのため全体的には英語が上手な国民ですが、やはり個人差もあります。話していて

「???」

と思う言い回しをする人もいます。

香港に住んで数年経ってから

👧ああ、これ中国語の直訳なんだ!

ということに気付き始めました。

f:id:misatal:20200624133538p:plain

例えば

Long time no see! 久しぶり!

という言葉も、英語の文法としては正しくないですが

好久不見

好久没見

という中国語の直訳である、というのは有名ですよね。

こんな感じの「中国語感溢れる英語」が他にもあります。

今日は、私が香港人と日常で話していて「面白いなぁ」と思った表現をシェアしたいと思います🙆‍♀️

She/Heがごちゃごちゃ

香港人と話してて

うちのお母さんが◯◯なの。

そんでねーHE SAID ◯◯!

となることがめっちゃあります。

あれ、急に男性!?父か誰か出てきた?母どこ行った?

実は、中国語で彼(He)、彼女(She)は

です。

左側(にんべん/おんなへん)が違うだけですね。

しかもややこしいことに発音は同じta(ター)

なので、英語を喋る時もつられてごちゃごちゃになってしまうのです。

EAT MEDICINE(薬を食べる)

機内でお客さんから呼び止められて、

👧Excuse me! Can I get some water? I need to eat medicine!

訳:すいませーん、お水ください。薬食べなきゃだから。

f:id:misatal:20200624134935p:plain

と言われることがよくありました。

初めて聞いたときは

「意味はわかるけど、なんでそういう言い方するんだろう?しかもこの人だけじゃなく結構な数の香港人が言ってる・・・」

と思っていました。(通常はtake medicine

中国語で「薬を飲む」という表現は

吃药です。(発音はchi yao:ツーヤオ

これがまさに薬を食べる、という直訳になります。

日本人も「薬を飲む」という言い方をするので、間違えちゃうのは分かりますよね。

日本語を直訳するとdrink medicineになりますもんね。

Come back to office(オフィスに帰る)

ランチや営業周りの後に「何時にオフィスに戻ります!」とはいいますが、

帰り道や帰宅後に「明日何時にオフィスに戻るよ」とはあまり言わないですよね。

「戻る」は本来いるべきところに移動する時に使う言葉です。

香港人と話していると

👧When will you come back to office next time?

次いつ出社するのー?

👧I came back to office earlier to have lunch.

仕事前にランチするために、いつもより早く出社したよ。

という風に「出勤する」というニュアンスでCOME BACK TO OFFICEと言っているのです。

最初聞いたときは

👧え?come back するのは家で、会社に対してはむしろgo toじゃない??

と思っていました。

これは中国語の

公室

が、直訳されています。

ただ、中国語には出勤という意味で

上班

という言葉もあるので、なぜこんなにcome back to officeを多用するかは、正直わかりませんでした・・。

もう少し中国語のお勉強が必要ですね🙆‍♀️

ただの口癖っていう感じもあります。

さいごに

英語は世界中で話されていますが、それぞれの国でアレンジが加えられているのが面白いですね🙆‍♀️

次に外国人と話すチャンスがあるときは、その人の英語のクセを聞いて「なんでこういう言い回しなんだろう?」と考えてみてください!きっと面白い発見がありますよ😊

最後までお読みいただきありがとうございました✨

タイトルとURLをコピーしました